2011年03月31日

完全ドーンと稼げるサイドビジネススクープ


最近、景気が悪くて、小遣いが減ってしまいました。

副収入を稼がなければやっていけません。

今の状況ではサイドビジネスするしかありません。

これからビジネスをする場合、選択肢は、

・フランチャイズをやる。

・新たに独立しビジネスを始める

・今までの経験を活かして独立する。

・ネットワークビジネスをする。

などがあげられます。

これらの中で、ネットワークビジネスが1番危険性のないビジネス形態であると言えます。

1番資本がいらないと言う点で安心してできるものでしょう。

ただネットワークビジネスはまだまだ社会的に地位が低いですが、最近では、現在の不景気の対策として、又、新しい物流や情報革命の方法の一つとして、今、その必要性が認められつつあります。


ネットワークビジネスの苦情・なぜ強引な勧誘が多い?
posted by おおがね虫 at 22:43| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

台湾、香港、シンガポールで、ネットワークビジネスが盛んな理由を教えてください...

台湾、香港、シンガポールで、ネットワークビジネスが盛んで
日本で広まったMLM企業が、台湾、香港、シンガポールに拡張する事例が見られます。

理由はいくつかあると思います。

資源が何もない狭い地域で金銭を儲けるのにネットワークビジネス程、適したものはないからでしょう。
また、地域が狭いので、インターネット環境のインフラ整備が素早く簡単にできたというのも大きな要因です。

インターネットで稼ぐ!在宅型ネットワークビジネス

posted by おおがね虫 at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ネットワークビジネスの未来はあるのか

ネットワークビジネス大御所の日本アムウェイ、ニュースキンジャパンの売上推移の傾向を見てみると、成長期から安定期に入るまでに大きく売上が落ちています。

こんな優秀な企業でさえも、何故売上が低下してしまうのでしょうか?
アムウェイ、ニュースキンとも洗剤や化粧品などの生活必需品を扱っています。
少なくとも一部のディストリビューターは生活必需品なので不況に強いビジネスだと言っていたのですから不況だから売上が下がってしまうのは仕方ないというのは矛盾があるようにも思えます。

高品質で低価格の消耗品なのでリピート率がたいへん高く、一旦組織を作り上げてしまえば消費者会員が自発的にリピートする。そのため、会社の売上は成長期が終わり安定期に入っても少しずつは上昇していくはずでした。
売上が大幅に下がってしまった原因のひとつは消費者組織の構築ではなく、ビジネス目当てで参加する人を積極的に勧誘するビジネス連鎖の組織構築にあるとも言われます。
ビジネス連鎖によって組織構築をするグループは組織が伸びるスピードが消費者組織を構築するグループより速い反面、愛用者・消費者作りがおざなりになることが多い傾向があります。
組織によっては消費者会員のリピートや小売で上がる売上で獲得すべき資格取得、また資格維持に必要な条件分を自分で購入する、いわゆる買い込みという裏技を使う場合もあるのです。
このビジネス連鎖による組織構築は創立期から成長期の会社全体の売上が成長している時はグループ組織・会員数の伸びが速く、タイトルが早く取りやすく大きな収入を得やすいです。
しかし、ネットワークビジネスの多くは、会社全体の売上や会員数が伸びなくなって頭打ちする時期になると組織が下から崩れだすという傾向があります。 ところで、ほとんどのネットワークビジネスの場合、このような買い込みをする必要が出てくるのですが、そのようなことをする必要がないビジネスプランを持っているネットワークビジネスもあります。

ネットワークビジネスのセミナーは面倒くさいですか?
posted by おおがね虫 at 00:53| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。